ホーム>イオンデポジット・ウォータースポットについて

イオンデポジット・ウォータースポットについて

うーん、A山先生~~~!

どうしたんですか?Q子さん

洗車しても洗車してもすぐにボディに白い斑点が出てくるんです…
もしかしてこの車…不良品だったんでしょうか!?

そんなことありません。
その白い斑点の正体は、「イオンデポジット」です。

…え、イオンデポジット…?

そうです。
Q子さん、洗車後の拭き上げはきちんとしましたか?

拭き上げ…?しましたよ…?
洗車で使ったクロスでささーっと! あとは自然乾燥でピカピカです☆彡

丁寧に拭き上げしなかったんじゃないですか?
何度も言っていますが、洗車後にボディに水滴を残すと、 晴れている日はイオンデポジットになりやすいんですよ。

A山先生、そのイオンデポジットって 結局なんなのかよくわからないんですけど…

お風呂の鏡に白い斑点のようなものがついて、 曇ってしまい見えにくくなった経験ありませんか? あれが車のボディについてしまった状態です。

イオンデポジットってそんな身近にあったんだ!?

はい、「イオンデポジット」「ウォータースポット」等、
色んな呼び方があります。 この2種類を使い分けるのは、
個人の解釈の差もあって、かなり曖昧で難しいのですが、
目に見える現象としては、ほぼ同じで、ボディに白い斑点や、
輪ジミのような水垢ができます。

イオンデポジット・ウォータースポットって何?

イオンデポジット

洗車の際に使用する水道水等は、完全な真水ではありません。 土地柄や環境によって、微量なイオン成分やミネラル成分を含んでいます。

人体には影響のないものですが、車のボディに付着して蒸発すると、
ボディにイオン・ミネラル成分だけが取り残され、結果白い跡になってしまいます。

水の成分だけでなく、カーシャンプー、ウォッシャー液の洗い残しや、
油脂性ワックスが溶けて流れてしまったものでもイオンデポジットになることがあります。

軽度なものなら、洗車ですぐ落とすこともできますが、
きちんと落とさずに放置すると、また同じ場所にイオンデポジットが堆積してしまい、
晴れた日の紫外線のダメージも加わって、洗車では落ちない頑固なイオンデポジットになってしまいます。

ウォータースポット

昔、虫メガネを使って紙を太陽の光で焦がす実験をした人は多いと思います。
では、晴れた日に洗車をして、ボディが濡れたまま放置してしまうと…?

水滴が虫メガネを同じ役割をして、塗装に焼き付けを起こしてしまうことがあります。
この焼け付けや、酸性雨等で塗装面が酸化し凹んでしまったものをウォータースポットといいます。

今は、車の塗装の質がよくなったので、あまり焼き付けを起こしにくくはなっていますが、
年季の入ったヴィンテージの車等は注意が必要です。

イオンデポジット・ウォータースポットができてしまったら

まず、水のイオン・ミネラル成分が固着してしまったイオンデポジットですが、 先ほども言った通り、軽度でしたら通常のカーシャンプー洗車でなんとかなることがあります。

通常のカーシャンプーで落とすことが難しい場合は、
イオンデポジット除去剤や専用のクリーナーを試してみてください。

ただし、イオンデポジットを除去するために強い成分を使用している製品がほとんどです。
既にガラスコーティング剤を使用している場合、使用した部分のガラスコーティングが落ちることがあるので注意してください。(落ちてしまったらガラスコーティングを再施工しましょう)

何度か除去剤等を使用しても落ちないような
侵食が進んでいるイオンデポジットや ウォータースポットにより塗装が凹んでしまった場合は、
ポリッシャーとコンパウンドで塗装を研磨してしまわないと除去することはできません。

普段からのお手入れが軽減に繋がります

ガラスコーティングをしていても、
イオンデポジットたちができる状況は同じ。 少しでもコーティングを長持ちさせるために、 イオンデポジットができにくいお手入れをしてみましょう。

う…そうですね、
ガラスコーティングで洗車するのも楽になりましたし…
でも、具体的にはどうすればいいんですか?

主な対処法としては、

1.ボディについた水滴は、自然乾燥させない
2.炎天下での洗車は控える。
3.ミネラル分の多い井戸水等を洗車に使用しない。

ですかね。
3の井戸水に関しては、住んでいる地域によって、違うとは思いますが、 ミネラル成分が多い井戸水や地下水を直接使用しているような地域の方は、 できればミネラル成分の少ない水道水(軟水)で しっかり洗い流してあげた方が良いと思います。

うう、車につきっきりになりそうですね…

まあ、確かに愛車の手入れが苦になってしまったら
楽しくないと思うので、何事もほどほどが良いかと思います。
一番は水に濡れた後、自然乾燥させないことが大切なんです。

青空駐車等で心配な方は、
ガラスコーティングが完了した後に
カバーをかけることを検討しても良いかもしれませんね。

ただ、取り外しの際に擦れると小傷の原因になることもあるので、
そのあたりは、自分のやりやすさで選んでみてください。

ページの先頭へ