カーワックス/車 ワックス/口コミ・人気・お勧めを比較


カーワックスとガラスコーティング、本当はどっちが良いの?お勧めは!

カーワックスのメリットは?

雨上がりに車を見ると、撥水して水滴がつぶつぶの玉になっていることです。昔から小さく撥水しているとカーワックスが効いて見栄えが良く見えますね。もう一つはギラギラした光沢でいかにもワックスを塗りましたみたいな感じになるので自己満足できる事です。


WAXの特性

固形タイプ … 最もツヤがでるタイプで、最高のツヤを出したい方に最適。 但し、水アカや汚れを落とす効果は無いので施工前に必ず汚れを落とす必要があります。汚れ手いつ状態でコーティングする事が無いよう、まず洗車からスタート。 固形タイプは他よりも価格は高いですが、仕上がりが最高です。

半練タイプ … 固形タイプよりもツヤや撥水性に難点がありますが、研磨剤が含まれていて、施工しながら汚れ落としもすることができるタイプもあり、作業性バツグンが特長です。 耐久性は半月程度ですが、フッ素配合したタイプの場合だと格段に持ちが良くなっています。

スプレー式液体タイプ … 最近人気があるタイプです。多少のホコリ程度なら水を使用せず、車体に直接吹き付けて拭き取るだけ。 作業はたったこれだけで面倒な愛車のワックス掛けが終わるので、超便利です。 但し、ツヤと撥水性は不十分なので、製品としての耐久性は一回だけと考えた方が賢明です。

カーワックスのデメリットは?

第1のデメリットは、カーワックスを塗りこむ際、車の塗装に擦り傷をつけてしまうこと。第2は、有機溶剤なので車の塗装を酸化、劣化させてしまいます。第3は、耐久性が約1~2ヶ月しかもたない。第4に、撥水状態になるので雨が止んだ後、どうしてもウォータースポットになり、白い斑点状の痕がついてしまうことです。(斑点が取れなくなった古い車を良く見かけますね)

カーワックス/車 ワックス

ガラスコーティング剤のメリットは?

ズバリ耐久性です。耐久性のないものでも約2~3ヶ月は持続しますし、本物のガラスコーティングの場合、3年以上の耐久性があります。第2に、雨が止んだ後、親水性でウォータースポットになりにくい点が上げられます。第3に、施工の際、軽く塗るだけなので、車の塗装に擦り傷がつかないことです。第4に、新車のような光沢になり、ギラギラしません。第5に、施工がカーワックスに比べ、約3分の1以下の時間ですみますね。

ガラスコーティング剤のデメリットは?

基本的にカーワックスと比べ、価格が高いことです。それ以外は、特にデメリットは見当たりませんね。

カーワックスとガラスコーティング、本当はどっちが良いの?

私も長年カーワックスを使ってきましたが、ガラスコーティング剤にかえてからは面倒なのでもう買わなくなりました。ガラスコーティング剤もたくさん種類があるので迷いますが、安い価格を重視する方は、ガラス系をお勧めします。高くても良い方でプロ仕様の本格派コーティングを求めている方は、業者で施工するのが良いですが、約5~15万円の価格はしますけどね。本物のガラスコーティングだと、カーシャンプーも要らなくなり、水洗いだけで愛車がピカピカに保てるので、時間の節約にもなり、本当に助かります。

カーワックス/ガラスコーティング剤の商品画像紹介